ライオンズクラブ国際協会 332-C地区

Activityキャビネット・委員会活動報告

ライオンズクエスト「ライフスキル教育」夏期ワークショップ開催

ライオンズクエスト

日時◎ 2022年9月8日(木)・9日(金)

場所◎ 東北福祉大学ステーションキャンパス

令和4年9月8日(木)・9日(金)東北福祉大学において、ライオンズクエスト「ライフスキル教育」夏期ワークショップが開催されました。

令和2年から数えると7回目のワークショップとなり、学生の中には3度目という参加者もおり、講師の補助スタッフとして活躍する頼もしい姿を見ることができました。

初日に講師から「大人(社会)が子供たちに身に付けさせたい能力としてまず挙げるものが、『協調性』『優しさ』『思いやり』『相手意識』『コミュニケーション力』などのライフスキルであり、それよりも上位に『学力』(アカデミックスキル)が上がることはない」という「ライフスキル」についての説明がありました。遠藤誠ガバナーからは、激励のことばと学生に向けたライオンズクラブの活動についてお話をいただきました。

参加学生の声
2日間を通して「見つける、つなげる、やってみる、(使ってみる)」を実感できる講義であったと感じました。たくさんの学びがありましたが、要所要所で指導いただいた内容を振り返り、実践として活用する経験することができました。最後の模擬授業は、学んだことの集大成として成果を十分に発揮する機会となりました。教育者としての立場は勿論、どんな場面に立っても応用の活用出来る力がライフスキルの良い点であると考えます。何に挑戦したり自分が行動を起こそうとしたときに今回の学びに立ち返り「ライフスキル教育を身に付けた自分」としての工夫を実践出来るようにします。

1年生で全く知識がない中で初めて参加させて頂いたので、前日までは楽しみよりも不安の方が大きかったです。しかし、皆さんの前で意見を伝えても否定されることなく、肯定して頂けたので安心して参加することができました。また、今まで先輩方と関わる機会がほとんどなかったので、声の大きさや話す順序などの意見の伝え方、積極性など、普段の授業では学べないことを多く学びました。1年生のうちからこのような経験を積めたということは大きな財産となり、教職に対する意識も深まりました。

今回は菅野ライオンズクエスト委員長、遠藤誠ガバナー、渡邊俊弥第一副地区ガバナー、木村晃三キャビネット副幹事、熊谷真友キャビネット副幹事、菅野郁子ライオンズクエスト薬物乱用防止委員会委員、對馬良美スペシャルティクラブ・FWT 委員会副委員長と多くのメンバーが学生の激励に来てくださり、学生にとってもライオンズクラブが身近に感じられた2日間でした。

L 大西孝志(石巻日和LC)

木村副幹事・熊谷副幹事挨拶

テキストを使っての学び

車座になって話し合い

まとめた意見を発表者が報告

電子教材も大活躍

1日目を終えて

 

2日目模擬授業作り

授業の開始時には楽しいゲーム「猛獣狩りへ行こうよ」

活動後の「振り返り」が大切です

賞賛のお皿作成

遠藤ガバナー挨拶

渡邊第一副地区ガバナー挨拶

菅野委員長挨拶

2日間とても充実した時間でした

ページの先頭に戻る