ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 委員会からのお知らせ(ライオンズクエスト・フォローアップ・ワークショップ)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ
2016年度トップページ
委員会からの投稿

ライオンズクエスト・フォローアップ・ワークショップ

2014年08月08日
《日時・場所》
平成26年8月8日 9:00-17:00
大崎市立古川第一小学校 研修室

《活動報告》
 このところ猛暑続きでありましたが、この日は久しぶりに暑さを忘れ、涼しさを感じることができました。

 大崎市130年の歴史と伝統を誇る、震災より建て替えられたばかりの古川第一小学校に 柴 咲子 先生をお迎えして定刻に開会いたしました。古川LC会長 L.松永淳一のあいさつの後、講義が始まりました。参加先生方は1桁でしたが、同数のWS体験豊富な古川LCのメンバーがサポート、要所で輪に加わり、FU・WSを意義あるワークショップへと導くこととなりました。FU・WSは教本は使わず、前もって参加先生方の詳細なアンケート内容を柴先生が把握しておられ、それらを取り込んだ講義でした。

①オリエンテーションの時間
②お互いを知る活動
③ルールづくり
④プログラムの効果と指導方法
⑤導入にあたっての話し合い
へと進められました。

 各先生と柴先生との相談事の一面も有り、掘り下げた話し合いが行われました。
 今回の参加の先生方は、古川中からの参加の為、率直に考えている点を話し合われました。
 しかしながら、楽しく学んでいる展開は、一般的なWSとは別の次元の様でした。全員が“二歩前進”と誓いを述べて儀式を行い、明日への希望を心に抱き、解散しました。今回のFU・WSネットワークを今後に活かしていくことでしょう。

 332-C地区のライオンズクエスト活動の先端モデルが始まった感じです。

 今後の展開として、LQ・WSのより一層の推進と共に、習熟度の高い意欲ある先生方により多くのご参加頂き、FU・WSを通じてネットワークが拡大できる様、古川LCは微力ながら協力していきたいと思っています。

 (追伸)
現代は児童生徒を取り巻く社会環境は不安定要因が増えています。
先生方は多忙を極め、多様な場面に対応を余儀なくされています。
これらの事項を周知の上で、私たち332-Cライオンズはライフスキル教育の拡大に鋭意努力を続きていく必要があります。子供たちの明日の為に。

ライオンズクエスト委員会
副委員長 L.細川 順市(古川LC)

[投稿者] ライオンズクエスト委員会副委員長 L.細川 順市(古川LC)