ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 クラブ/例会の紹介(涌谷LC第883回例会)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ
2016年度トップページ

涌谷LC第883回例会

2015年10月27日
涌谷LC883回例会には、仙台赤十字社血液センター所長の中川國利先生と仙石病院の神山泰彦先生をお招きし、健康や病気、献血の実態など講話をいただいた。またとない機会という事で、家族会員やライオンレディも駆け付け貴重なお話を伺った。
中川先生は涌谷出身であることから、時折思い出話なども交えながら、外科医として担当した過去の症例や献血に関する切実な現状を話された。
一方神山先生は昨年ゲストとして例会で講話を頂いており、それ以降神山先生を頼って診療を受けたメンバーも少なくない。
両氏の講話が終了すると案の定、例会場は診療所と化し、酒を飲み、たばこを吸いながらの珍しい問診が続いた。

[投稿者] 涌谷LC幹事 L浅野健

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >