ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 キャビネットから(家族会員について)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ

家族会員について

2014年11月11日
家族会員に理解が浅いクラブが多いようです。もう一
回改めてくれないでしょうか。
 家族会員はクラブを活性化します。仙台エコーLCが
実例を示しています。アイディアの発信元に家族会員も
必要です。貴方だけでなく家族も地域へのアンテナを広
げることになります。アンテナが2倍にも3倍にもなれ
ば、奉仕を充実させるのに役立つのではないでしょうか。
現在のクラブ内という狭い範囲で奉仕を考えていません
か。その狭い範囲を広くしてくれる第一歩が、家族会員
の入会と考えています。
 ライオンズ町に出ようと当初から呼びかけています。
広い視野を持って奉仕に当たれば、会員にとって欠かせ
ないクラブ、入会者にとって魅力あるクラブとなりダイ
ナミックな活動ができるのではないでしょうか。
 また、出席率に現在のライオンズクラブ国際協会は、
こだわりません。ややもすると例会が友愛のみに偏り、
奉仕から重点が逸れている恐れがあります。素晴らしい
奉仕をなさっておりますが、それを毎年同じく行ってお
りませんか。衰退する組織が陥りがちな停滞した集まり
(例会)になっておりませんか。例会は、奉仕を考える
場なのです。例会で、新しい奉仕を創出するのにどうす
ればいいのでしょうか。現存の奉仕を更善するにはどう
すればよいでしょうか。奉仕を考える場に、それぞれ地
域との繋がりが、皆さんとは別にある家族会員が必要な
のです。

[投稿者] DG L.鈴木

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >