ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 キャビネットから(ライオンみやぎ11月号ガバナー通信)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ

ライオンみやぎ11月号ガバナー通信

2014年11月11日
私たちは、そもそも何を目指しているのでしょうか。
 ライオンズクラブに入会された皆さんは、必ず奉仕の心があります。
色に喩えたらそれぞれの色、大きさに喩えたらそれぞれの大きさ、様々
な奉仕の志のかたちがあり入会されています。
一個人では、奉仕の力が限られます。皆さんも奉仕の心の集まりが、そ
して集まった心の大きさが、どれ程個人の力をうわまわるかを知ってお
ります。
 現在、キャビネットで推進しております会員増強は、皆さんの集合し
た力を高めるための活動です。
 もし、皆さんのクラブの会員が2倍になったら何ができますか。3倍
になったら何ができますか。きっと想像を超えた素晴らしいことが起
こるはずです。それぞれの重なり合う色が多くなり豊かな美しさとなり、
それぞれの大きさが結び付き壮大なものとなるでしょう。
 永続的に社会に奉仕する我々ライオンズクラブは、崇高なこの大きな
変革を目指して行動すべき使命を持っております。我々が行うべきこと
なのです。
 林前ガバナーをはじめとした歴代ガバナーのお力より、会員増強の意
識が高まりつつあります。私たちは、東日本大震災後も会員数を失って
おりません。既に私たちの心のなかに会員増強の意識が芽生えているの
に他なりません。
 私は、基本方針で大きな変革に向かいたいと申し上げました。今期、
各クラブが、正会員3名、賛助会員3名、家族会員5名の増強を達成す
ることを目標としております。この目標の達成と会員増強への積極的意
識向上を皆さんにお願い申し上げます。

[投稿者] DG L.鈴木

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >