ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 キャビネットから(会員増強について更なるお願い)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ

会員増強について更なるお願い

2014年09月16日
2014年9月16日
ゾーン・チェアパーソン各位
クラブ会長各位
ライオンズクラブ国際協会332-C地区
ガバナー L鈴木 俊一

会員増強について更なるお願い
謹啓 錦秋の候、時下益々ご清祥にてライオニズムの高揚にご尽力の事と拝察申し上げます。日頃は、地区運営に対し多大なるご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
公式訪問も明日の第1R第3Z訪問で、8回目となり、残すところ2回となりました。既に訪問を終えた各ゾーンにおいては、私達、キャビネット役員に対し、温かいおもてなしを賜り、そのご厚情に対し深く感謝を申し上げます。
さて、9月2日付、当職に対しGMT第五会則地域副リーダーより、「会員増強計画表」の提出が求められ、別紙の通り回答致しました。
年間増員を770名とした基本は、以下の3点から成ります。
① 正会員の増員をクラブ3名程度とし、地区200名の増員は可能である。
② 会費を軽減し、友人、隣人を賛助会員として招聘し、地区費等の負担を年間3万円程度とし、例会出席を義務付けず、奉仕活動への参加を約束頂いて、クラブ3名程度、地区200名の増員を見込む。
③ 家族会員は、クラブ5名程度、地区370名の増員を見込む。
① +②+③=770名となります。

当地区の過去の実績からみると、一見現実離れした数字に見えるかもしれませんが、全日本の2014年6月の会員数の集計を見る限り、1,000名以上の純増を果たした地区が、複数あり、必ずしも「現実離れ」の指摘は当たらないと思っております。
クラブ会長各位におかれましては、クラブの現状を再度検証頂き、前述の3つの会員種別の目標を完遂するよう、具体的な行動を起こして頂き、また、ゾーン・チェアパーソンにおかれましては、ゾーン内の各クラブの状況を注視頂き、適切なご指導をゾーン内クラブに対し行うように心がけてくださいます様お願い申し上げます。
最後に、今後の皆様のご努力と目標の達成に大きな期待を寄せると共に、地区の更なる躍進をお誓い申し上げまして、会員増強のお願いと致します。
謹白
 

[投稿者] ガバナー L鈴木 俊一