ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 ボランティア活動(蔵王LC 『青少年の奉仕活動参加を促そう』)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ
2016年度トップページ

蔵王LC 『青少年の奉仕活動参加を促そう』

2018年03月04日
蔵王ライオンズクラブ 
         蔵王町5地区母親クラブ支援報告書
趣旨 『青少年の奉仕活動参加を促そう』
               親子交通安全教室・交通安全表示設置他

団体名  さくら母親クラブ(円田地区)
代表者  佐藤 貴美子会長 
連絡先  事務局:円田児童館事務局(℡33-2037)
開催日  平成30年3月4日(日)
時 間  午前10時~12時 円田児童館にて
参加人数 小学生8名、幼児4名、ジュニアリーダー中学生2名、高校生2名  
大人9名(母親クラブ会員5名・児童館職員3名・駐在所所員1名)
 合計25名
活動内容 ①親子交通安全教室
        (警察官による講話・ジュニアリーダーによる交通安全クイズ)
        ②ストップマーク貼り替えとゴミ拾い(円田小学校周辺)
感  想 春の交通安全運動を前に 子ども達の交通安全を願って 歩道  ストップマークの貼り替え作業をしてきた。晴天にも恵まれ、ち     ょっと動くと汗ばむ陽気だったが、「ここ通ってくるから、止ま     れを貼る!」とはりきってストップマークを貼ってくれた。一緒 に止まれの目印になるよう足型をペンキで塗って記した。初めて ペンキを使う子は、興味津々で道路にお絵かきする感覚で、楽し
  く色塗りする姿が見られた。
       ゴミ拾いも積極的に集めてくれた。ゴミいっぱいになったゴミ     袋を誇らしげに、館に持ち帰ってきたようだ。
        館に戻ってから、今年度も永野駐在所の警察官より交通安全の
        講話をいただいた。ジュニアリーダーも交通安全クイズを出題し、
        参加した子供たちに交通安全について考えるきっかけとなったように思われる。
        会員の親子中心の行事だったが、初めて参加した親子も何組かあった。母親クラブの地域に根ざした活動を知らせる良い機会となった。今後も子ども達の健全育成のために親子で活動できる行事を検討していきたい。
報告内容
蔵王ライオンズクラブでは、100周年記念奉仕キャレンジの一環"青少年の奉仕活動参加を促そう"の第4弾として、円田児童館にて、さくら母親クラブ(佐藤 貴美子会長)が円田児童館周辺の交通安全、環境美化を目的に親子共働で子供たちを奉仕活動に積極的に参画してもらうことを含めて交通安全教室、安全表示設置行いました。
小春日和の日曜日、25名の参加を頂き、ストップマークの張替と停止位置を示す足型の黄色い型抜きに、黄色のペンキを刷毛塗りし、丁寧に仕上げながら10ポイント設置いたしました。また手の空いている参加者は、周辺のごみを拾い集めていました。児童館に戻り、所員の方から交通安全紙芝居を読み聞かせていただき、ジュニアリーダーのお兄さんたちの作った、交通安全クイズに挑戦していたようです。母親クラブ、児童館職員、ジュニアリーダー、警察官と多彩なスタッフとともに児童が奉仕活動に参加していただきました。母親クラブの児童を見守る活動と地域貢献をサポートできた、心温まる交流であったと思われましたので、報告とさせていただきます。

[投稿者] L太田

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >