ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 ボランティア活動(蔵王町平沢小学校薬物乱用教室の報告)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ
2016年度トップページ

蔵王町平沢小学校薬物乱用教室の報告

2017年01月19日
蔵王ライオンズクラブ 薬物乱用防止教室報告書
開催日:平成29年1月19日(木)
対象:蔵王町立平沢小学校6学年生 13名 
校長・教頭・担任他4名
   クラブ会員:佐藤義則講師、太田、宍戸
                 20名
会場:蔵王町立平沢小学校6学年 教室
教室:13:40~14:25
 3日前に降った雪が、校舎の北側には20cm程度残り、校庭は解けた雪で入れない感じでした。天候も回復し今日は、暖かな冬の一日になりました。
蔵王町立小学校での薬物乱用防止教室は、今回が3回目です、校長室に出向くと佐藤さんと宍戸さんは、先に来ており校長とおはなし中でした。校長曰く料理教室、薬物乱用防止教室とライオンズの活動は、幅が広いとリップサービスでしょうが、ありがたいお言葉です。お茶お頂き時間になり教室に入りました。
佐藤義則講師が紹介され薬物乱用防止教室が始まりました。真剣に児童たちは話を聞いており、ドーパミンとゼッタイダメとゆうことを、説明が進むにつれ、理解してゆくことがわかりました。腕にウジ虫やミミズがはう、幻覚症状の画像では悲鳴すら聞こえました。
始まる前に、校長から6年生は薬物乱用防止教室を楽しみにしておりました、と聞いたときは、少し考えらせられたものですが、さすが6年生です。
理解力と今置かれている現状認識をきちんと理解できていることはわかりました。
最後に感想を聞かれたときに、一人の児童が薬物は友人や知人からすすめられる事実がほとんどで、驚きでしたと、また違う子は一回ぐらいなら許せることではなく、やっては絶対いけないことだと思うと言い切りました。足を運んで時間を頂き、ここに来てよかったと確信できたことと、これが成果だろうと思いました。
校長が車まで、送っていただき、来季も料理教室と薬物乱用防止教室をお願いされたときは、地域の教育として必要とされるクラブになれるだろうと思いましたが、その責任の重さを実感した次第です。継続することの難しさと、続けれる体制づくり、そんなクラブ環境を作ってゆきたいものです、また一つ学ぶものができたところで、報告といたします。

[投稿者] L太田

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >