ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 ボランティア活動(蔵王LC 蔵王の食材を使った、料理教室)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ

蔵王LC 蔵王の食材を使った、料理教室

2016年12月13日
蔵王ライオンズクラブ
蔵王の食材を使った、料理教室(食育支援事業)
開催日:平成28年12月13日(火)
対象:蔵王町立遠刈田小学校5学年生 17名 
校長・教頭・担任他4名
   クラブ会員:太田・佐藤
   エコー母親クラブ 佐藤 由香利
            三浦 美恵
            黒澤 祥子
            混  美雪
            太田 律子
アトリエデリス:佐々木シェフ  計28名
会場:蔵王町立遠刈田小学校 調理室
 遠刈田小学校から蔵王に雪が輝く天気の良い初冬日でした。
 46年前に、卒業した母校で食育支援事業で、久しぶりの校舎は、当時をしのぶものでした。蔵王町の食材を使った、料理教室の開催も、今回で4校目です、我々もだいぶこなれてきたかと思うようになりました。当初は時間オーバーの連続でしたが、ここは次第通りに余裕ができたようです。
また、地元児童館を事務局にしている遠刈田地区エコー母親クラブの5名のお母さん方の協力を頂いての調理で、てきぱきと跡片けをこなしながらの、手早い包丁さばきに子供たちは驚いていたことでしょう。我々ライオンズクラブの活動を多くの方々にご理解いただける機会ができて、一層有意義な奉仕活動になったと、喜んでいるところです。
 我々が地域の子供たち、学校関係者、保護者の方々に、お伝えしたい趣旨が伝わってきたかと、実感しております。
〝食材を生産していただく農家の皆様、そしてその食材を毎日調理していただく家族方々への感謝と、食材への理解を深めていただく食育教育です。さらに、郷土に慈しみを育み健やかに成長する蔵王子に寄与するとことです。講師にアトリエデリスの佐々木シェフをお招きし、食育に関する感謝の心ざしをお話し
いただき、蔵王の食材を使った料理を子供たちが協同で調理し、昼食とするところです。"今季最後は12月21日になりました。
 学校へ足を向けると、特に小学校は元気な子供たちから、エネルギーを頂け、我々が元気になるようです。寒さに負けないで、校庭を走りまくる姿はパワフルですよ、食育支援事業の報告でした。
              蔵王ライオンズクラブ 太田 富造

[投稿者] 太田 富造

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >