ライオンズクラブ国際協会 332-C地区 ボランティア活動(蔵王ライオンズクラブ 献血は愛のアクティビチィー)

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ
2010年度トップページ
2011年度トップページ
2012年度トップページ
2013年度トップページ
2014年度トップページ
2015年度トップページ
2016年度トップページ

蔵王ライオンズクラブ 献血は愛のアクティビチィー

2016年10月22日
蔵王ライオンズクラブ
     献血活動の報告
趣旨:献血は愛のアクティビチィーを合言葉に、活動を推進し人道的奉仕に寄与することを、目的に活動しました。例年秋の蔵王町産業まつりに合わせて、初日の土曜日一日でしたが、今年から蔵王町保健福祉課の要請があり土、日の二日間開催を実施いたしました。
事業名:蔵王ライオンズクラブ 献血は愛のアクティビチィー
開催場所:蔵王町ございんホール(産業祭り会場)
開催日;2016.10.22(土)~23日(日)
参加者:太田、小野寺、佐藤、樽見、佐藤(清悦)、宍戸、我妻、木村8名
秋の行楽日、蔵王の紅葉も1200mあたりが見ごろを迎え朝から、車の渋滞が続く晴天の、ちょっとこざむい日でした。9:30の開会から蔵王特産のナシ、リンゴ、イチジク、里芋、ゴボウなどの果物、野菜を買い求めるお客さんでいっぱいです。また、ジャパンXのスペアーリブ、ホルモ焼き、焼きそば、里芋のジェラードなどを買い求めるお客の列が絶えません。献血者はメインストーリの真ん中に設置し、献血者を呼び込む、赤十字社の営業役に混じり、当会員がプラカードを持って、テッシュを配りながら、献血を呼びかけました。努力の甲斐あり献血者が途切れることなく順調に進んでいる様子でした。なんと甲冑を付けた武者隊の男性が献血にご協力いただき驚きました。二日目は、営業役の担当が不在で、我々でよび来ぬ活動を行いました。二日目の午前中は、順調でしたが、午後からは若干伸び悩んだようです。二日間にわたり献血活動に従事頂いた、赤十字社の皆さんに感謝し、合わせて休日返上でお手伝いいただいた、会員へ御礼申し上げます。

[投稿者] 太田 富造

< 各写真はクリックすると大きくなります。 >