ライオンズクラブ国際協会 332−C地区 石川達雄ガバナーのご挨拶

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

eMMR ServannA ログイン画面
ライオンズクラブ入会パンフレット
ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ

332−C地区ガバナー 石川達雄

Lions Clubs International District 332-C District Governor Takao Ishikawa


2015〜2016年度アクティビティスローガン

    

和で奏でよう笑顔と思いやりの心で

ライオンズクラブのモットーはWeServe「我々は奉仕する」であります。奉仕こそ我々の生命であり、使命であります。今、世界では様々な自然災害、紛争が多発し、食料不足で餓死する子、等しく教育を受けられない子、国内に目を向ければ全国各地で発生している自然災害への支援、東日本大震災被災者・被災地への心のケア・コミュニティ支援、青少年健全育成(YCE、レオ、クエスト)事業への支援、薬物乱用の低年齢化の防止、環境保護等々、我々に求められ、必要とされるアクティビティは数多くあります。アクティビティは単一クラブが基本ですが、アクティビティの内容によっては複数のクラブ・ゾーン・地区などで合同で取り組むことで、グローバルなアクティビティのスケールメリットが発揮され、より効果的に実践できるものと思います。又、良質なアクティビティを行なうためには、「笑顔で安心を、思いやりの心で感動を」を持って接することが大事であります。今期一年、会員同志が心一つに和を奏でながら地域社会の皆さんにWeServeを実践して行きましょう。