ライオンズクラブ国際協会 332−C地区ガバナー,佐藤義則のご挨拶

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ

332-C地区ガバナー 佐藤義則のご挨拶

佐藤 義則ガバナー

ライオンズクラブ国際協会332−C地区ガバナー スローガン

『普遍の奉仕』
〔説明〕
国際協会のモットー は、「We Serve」 (われわれは奉仕する。)であります。 ウェイン・A・マデン国際会長は、2012年〜2013年度国際会長テーマとして、「奉仕の世界」(IN A WORLD OF SERVICE)を掲げられました。
奉仕は、名誉や立 場、主張の為に行うものではなく、クラブ会員一人ひとりが奉仕への自覚を持ち、自ら、年齢、職業、地位、意見、性別、地域、そし て震災といった障害を乗り越え、普遍的な奉仕を考えていくべきであると信じております。
国際協会モットーと 国際会長テーマを推進するために、ガバナースローガンを『普遍の奉仕』と致しました。

ふるさと

【332−C地区アクティビティスローガン】

『アクティビティ新 時代、甦る、ふ・る・さ・と』 〔説明〕
332−C地区は、東日本大震災により、ありとあらゆるものを失いました。
ライオンズクラブと しては、ただ、失ったものを取り戻すだけでなく、過去の奉仕活動を検証し、魅力あるふるさとづくりを目指すべきと考えます。
「ふ・る・さ・と」と一文字ずつ区切った意味は、震災前より特徴のある、そ して魅力ある「ふ・る・さ・と」を如何にして甦らせるかを、クラブ会員の皆様と考え、アクティビティを計画し、実行するという強 い気持ちの表れであります。


桜

ライオンズクラブ国際協会332-C地区ガバナーカラー

今期テーマカラーを被災されました皆さんに満開のさくらを届けたい想いから「さくら色」としました。


332-C地区ガバナー
佐藤 義則