ライオンズクラブ国際会長 Mr. Wayne A. Madden

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

メンバー用情報DB

クラブメンバー用情報

ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際会長 Wayne A. Madden

ライオンズクラブ国際会長 Mr. Wayne A, Madden

ライオンズクラブ国際会長 Mr. Wayne A. Madden

2012〜2013年度 国際会長
米国インディアナ州オーバーンのウェイン・マデン氏が2012年6月22日から26日にかけて韓国・釜山で開催された第95回国際大会でライオンズクラブ国際協会の国際会長として選出された。 マデン会長は、保険代理業者であり、公認保険顧問でもある。 1984年以来オーバーン・ライオンズクラブの会員であるマデン会長は、クラブ会長、ゾーン・チェアパーソン、リジョン・チェアパーソン、協議会議長、地区ガバナーなど数多くの役職を歴任してきた。インディアナ州ライオンズ財団の元会長でもある。地区ガバナーエレクト・セミナーではグループリーダーを5回、視力ファースト・キャンペーンIIでは25複合地区のセクター・コーディネーターを務めた経験もある。 国際協会への貢献が認められ、これまでに100%クラブ会長賞、終身会員、シニアマスター・キー賞、エクステンション賞4回、国際会長リーダーシップ・メダル、国際会長賞9回、さらには国際協会より会員に与えられる最高の栄誉である親善大使賞を含む数多くの賞を受賞。マデン会長はチャーター W.P. ウッズ・フェロー、ケンタッキー・カーネル、ヘレン・ケラー・フェロー、累進メルビン・ジョーンズ・フェローでもある。 2008年には人道奉仕に対する貢献が認められ、インディアナ州知事より同州最高位の栄誉である名誉市民賞を授かった。 ライオンとしての活動に加え、マデン会長は専門分野と地域社会のさまざまな団体で活躍してきた。 累進メルビン・ジョーンズ・フェローであるリンダ夫人とのあいだには2人の娘と5人の孫がいる。