ライオンズクラブ国際協会 332−C地区ガバナー,田畑英伍のご挨拶

ライオンズクラブ332-C

ライオンズの奉仕

ライオンズクラブ国際協会
Lions Clib International
ライオンズクラブ入会のお問い合わせ
全国・全世界のライオンズクラブ

332-C地区ガバナー 田畑英伍のご挨拶

田畑英伍ガバナー

ガバナー ご挨拶

我々が所属しておりますライオンズクラブ国際協会は、世界の206ヶ国に会員数134万余名を擁する世界最大の奉仕団体であります。
この協会のモットーは「We Serve」(我々は奉仕する)であります。奉仕することがライオンズクラブの使命であるという名の下に今日まで93年の奉仕活動の歴史を刻んでまいりました。宮城県におけるライオンズクラブは各地域に77のクラブが存在し、約1,500名のメンバーが奉仕活動に参加しております。我々は地域に根差した奉仕活動として、青少年育成のための「ライオンズクエストプログラムー思春期のライフスキルプログラム」を主として、中学校に導入した活動や、各種スポーツ大会への支援、更に留学生の派遣や受け入れなどの青少年健全育成の奉仕活動を行っております。
一方では、「盲人の白い杖」に代表される視覚障害福祉として、アイバンク、骨髄、腎臓、臍帯血といった各バンクへの支援、更に献血活動などの組織的な奉仕活動も行っております。
又、環境保全活動事業としては、公園などへの植樹や、清掃奉仕活動なども行っております。これらの奉仕活動は、広範囲に継続的に地域に根ざしたものとして積極的におこなってまいりたいものと考えております。
我々が、今後行ってまいりますライオンズクラブの奉仕活動は、各地域の皆様のご理解をいただきながら、奉仕の輪を一層広げて参りたいと考えております。
ライオンズクラブへのご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

332-C地区ガバナー
田畑英伍